青汁を飲みやすくするには・・・

これまでいくつも青汁の飲みやすい方法を探してきましたが、1番違和感なく飲む事ができるのがリンゴジュースだと思うのです。
市販の果汁が1%程度のリンゴドリンクの場合だと、ほとんどが砂糖水であり糖分が多くなるので、できれば100%のリンゴジュースを探すべきです。

もしくは、自分でリンゴをすり下ろすと言う作業になりますが、さすがに手間がかかりすぎるので、私もやる気が起きませんでした。なので、最適なのは果汁100%ジュースなのです。

リンゴの甘さと酸っぱさが、青汁の風味を上手く消してくれるので程よいバランスで飲む事ができます。全く青汁が入ってるのを感じさせないドリンクなので、子供に飲ませるならリンゴジュースで決まりかもしれません。

リンゴはガンの抑制効果があったり、生活習慣病にも大きく貢献する有効成分がたくさん含まれていますが、肥満に直結する糖分も多い食品であるため、適量を守る必要があります。どんなに美味しくても1日あたりコップ一杯にしておくべきだと思います。

栄養成分がたっぷりという事は、肥満に直結しやすいという意味でもあります。

私としてはリンゴよりも梨が好きなのですが、何故か梨の100%ジュースはお目にかかれないのです。

a9abd9dd934b84d770e01c9cbbcc4b9a_s.jpg

美容青汁について

20140520181155-38S.jpgwa-mizu.pngwa-mizu.pngwa-mizu.png美容青汁とは

青汁の中でも特に、従来の青汁の健康つくりを応援する働きに加え、美容面に配慮した栄養素や成分をプラスした女性向けの青汁のことをいいます。

青汁にプラスされている栄養素や成分の一例としては、美容素材としても有名な成分です。

wa-mizu.pngコラーゲン

wa-mizu.pngペプチド

wa-mizu.pngヒアルロン酸、

wa-mizu.pngビタミンC

wa-mizu.pngフラバンジェノール

wa-mizu.png花エキス

wa-mizu.pngアロエ

wa-mizu.png黒酢きなこ

wa-mizu.pngシルクペプチド

 

これらの栄養素や成分は、人気の美容サプリメントや美肌化粧品にも使用されているものですから、どこかで耳にしたことがあるという方も多いかもしれません。
美味しくて飲みやすく、自宅だけでなく外出先やオフィスでも手軽に飲める美容青汁はネットでも大きな話題となっています。

もともと青汁には、

i_suuji_ch1.gif 肌荒れを防ぐビタミンA美白をサポートするビタミンB2

i_suuji_ch2.gif 皮膚炎を防ぐナイアシン

i_suuji_ch3.gif 血行を促進して肌のすくみ解消に役立つビタミンE

i_suuji_ch4.gif お腹スッキリをサポートして美肌つくりを応援してくれる食物繊維

など、健康つくりだけでなく美容に効果が期待できる栄養素が豊富に含まれています。
こうした要素に加え、さらに美肌効果や美容効果をターゲットに作られているのが女性向けの美容青汁なので美肌のために青汁を飲みたいという人はこういったものだとより高い効果が期待できます。

大麦若葉はすごいんです

私が最初に青汁を飲み始める前には、青汁の成分がほんとに大丈夫なのか?
あたりが気になったのです。
そしてネットなどでメーカーのホームページで成分表などをチェックしました。

wa-mizu.pngwa-mizu.pngwa-mizu.png青汁とは

大麦若葉を主成分にした飲料の事で、多くの野菜をクラッシュして細かく粉末状にしたドリンクです。
注目されるのは大麦若葉の栄養価の高さです。

wa-mizu.pngwa-mizu.pngwa-mizu.png青汁のすごいパワーとは?

i_suuji_ch1.gif 便秘解消、美肌、免疫力アップ

食物繊維が非常に豊富なので、肥満になりにくいだけでなく糖の中を綺麗に整えて便秘を解消する作用、抗酸化作用があり肌をつるつるに保つ効能や、ウイルスなどから体を守る免疫力を強くする働きなどもあります。

i_suuji_ch2.gif 血液サラサラ効果

注目すべきが中年以降の病気として多い脳梗塞を回避できる効能です。これは血管の中にキズができてしまい、血栓ができてしまう事によって起きます。血栓ができないようにするための血液サラサラ効果が大麦若葉にあるという事。

このような有効成分の働きと、多くのビタミン類が含まれているので、青汁を摂取する事にしたのです。
本来なら多くの野菜類を摂取する事でビタミンを補給する事ができるのですが、どうしてもいくつもの野菜をローテーションさせて献立を作る事は、素人には難しいのです。

青汁を直接飲むだけでなく、料理の中にも使っていく方法も考えています。

青汁でダイエット

woman4.jpg青汁はもともと、ダイエットのために開発された健康食品というわけではありませんでした。

現在、食の欧米化やファストフードなどの普及により、日本人の食生活は野菜不足に陥っているといわれています。
食の欧米化は、薄毛や脱毛にもつながります。
生え際後退や頭頂部の円形脱毛症に発毛促進効果が期待できる男性用の育毛剤ランキングも参考にしてください。

そうした野菜不足が生活習慣病の要因のひとつともなることから、「何とか野菜を摂ることはできないか」と考えたのが手軽に飲める青汁だったのです。

wa-mizu.pngwa-mizu.pngwa-mizu.png青汁の豊富な栄養素

青汁はケールや大麦若葉など、各種ビタミンや食物繊維が豊富な野菜を原材料として作られています。
実は、こうした青汁の特徴が健康的な食生活に良いだけでなく、太り過ぎの防止やキレイに痩せるためのダイエットにも適しているのです。

wa-mizu.pngwa-mizu.pngwa-mizu.pngなぜ青汁がダイエットにいいの?

青汁がダイエットに適しているのには、次のような理由が挙げられます。
ひとつめは、青汁にはビタミンAやビタミンB群、ビタミンC、E、Kなど多様なビタミン類が豊富に含まれている点です。
ビタミンB1、B2、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンといったビタミンB群に属する栄養素には、ダイエットの大敵ともいわれる脂質や糖質の分解をサポートする働きがあります。
逆にいえば、これらの栄養素が不足すると、せっかくダイエットしていても脂質や糖質の分解や代謝が速やかに行なわれないという結果になってしまうのです。
また、ビタミンC の高い抗酸化作用やビタミンEの血行促進作用に肌トラブルを防いでくれる美容効果も期待でき、キレイに痩せるという意味でも女性のダイエットには適しているといえます。

青汁で老廃物を排出

青汁はいろんな効果が期待できますが、老廃物を流してくれる効果があります。
老廃物が流れると体のむくみもとることができますし、便秘の解消にも効果が期待できるのでおすすめです。

20130904172246-20S.jpg女性は男性と比べて老廃物が溜まりやすいといわれています。
老廃物は、健康な状態だと自然と流れるようになっていますが、少しでも体調が悪くなったり、気分が優れないだけで流れがとまってしまうことがあります。
また、普段食べている食品に添加物などが多く含まれていれば次第に老廃物がたまっていく恐れがあります。
老廃物は何もしなければ減少することはほとんどありません。
そのため何かしら対処しなければならないのです。
老廃物は足や顔など体中に溜まっていることが多いです。
例えば、顔がむくんでいると老廃物が溜まっていることになります。
体外の変化はマッサージをしたり運動をしたりすることで改善することができます。

しかし体内の老廃物となると、やはり青汁を飲んで改善していくのがベストでしょう。
青汁は老廃物を流してくれる効果があるだけではなく、健康を維持したり美容にも効果があったりと飲んでおいて損はありません。
青汁を飲んで体の老廃物を取り除いていきましょう。
そうすれば体を動かすのも楽になりますし、見た目も変わって自分に自信を持てるようになります。